おすすめ美容外科クリニック 高須クリニック

高須クリニック

公式ホームページ

日々最新の技術を取り入れ、
納得のいくハイレベルな整形を提供

医院開業30年を超える「高須クリニック」は、美容整形で患者が綺麗になれるよう、常に最新の技術を取り入れ施術を行っています。また、施術を行う医師は、皆が経験を積み重ねたキャリアのある人です。「二重整形」や「脂肪吸引」、「豊胸」など、数多くの美容整形があり、自分の悩みに合わせた適切な施術が受けられます。ほうれい線を消す「若返り」も行っていて、施術法の中には高須クリニックが独自に開発したものまであります。

おすすめポイント

患者の希望通りの
施術を行う
美容整形によっては、難しい施術もあります。そのため、医院によっては断られてしまう場合があります。しかし、高須クリニックは、患者が希望する施術なら、例え難しいものであっても柔軟に対応してくれます。
確実な腕を持つ医師と、
最新技術
高須クリニックの医師は、長年美容整形に携わっている人ばかりですから、ハイレベルな技術で期待通りの仕上がりが期待出来ます。また、施術メニューも最新のものを取り入れていますので、安全性も高いです。
サポート体制が
充実してるから安心
カウンセリングからアフターケアまで、担当が別々という美容外科は少なくありませんが、高須クリニックは、最後まで担当者が同じです。また、手術前や手術後に不安や疑問があっても、電話やメールで気軽に相談出来ます。

体験者の声

違和感なく頬のたるみを消すことができた
自然な仕上がりを希望しPRP血小板療法を選びました。採血したものを自分の頬に注入するといった方法でしたが、自分の血液だけで、本当に頬のたるみを消すことができるとは信じられませんでした。しかし、実際に施術を受けると徐々にたるみは消えていきました。

ほうれい線を消す「切らない施術」を希望
ほうれい線を消すことを希望していて、ネットで評判の良かった高須クリニックで相談。私は、ほうれい線以外に二の腕のたるみも気になっていたので、一気に悩みを解消できる「顔面脂肪注入」をしました。手術箇所は特に腫れることもなく、痛みもないまま希望通りの外見になれました。

短時間でしわを消す施術が出来ました
頬のしわがくっきりとしていたのが気になっていたため、しわを消すことが出来るという施術を受けました。頬を切開するというのはさすがに抵抗がありましたので、超音波を当てしわを改善できるウルセラシステムを選びました。1時間以内では終了したと思います。

誰にも気付かれずにほうれい線を消す施術をしたかった
私は、ほうれい線を消す施術として「金の糸」を選択。その理由は、急激に変化するのではなく徐々に若返りが出来る施術ということだったからです。周りに整形したってバレたくなかったので・・・。術後数ヶ月経つと、ほうれい線も見えなくなり、肌の色も明るくなりました。

クリニックインフォメーション

クリニック名 高須クリニック
電話番号 0120-5587-10 (9:30~22:00 ※日曜日は21:00まで)
診療時間 10:00~19:00 (東京・名古屋・大阪は土日祝も診療)
ホームページ http://www.takasu.co.jp/

※2014年9月12日 調べ

美容まめ知識

美肌を手に入れるためには、快適な睡眠が一番

快適な睡眠には、「質」が大事です。「あまり眠った気がしない人」は、質の良い睡眠が出来ていない可能性があります。睡眠中は、肌の修復作業が行われるので、睡眠上手な人は美肌を手に入れることが出来ます。特に夜の10時から約4時間は「シンデレラタイム」で、成長ホルモンが活発に働きます。「ニキビを消す」「ほうれい線を消す」など、肌トラブルをなくしたい人は、シンデレラタイムには布団に入っておきましょう。

快適な睡眠をするために、眠る前は明るい光を浴びたり、激しい運動をしたりするのは、良くありません。脳が興奮状態になり、眠れなくなります。睡眠前は、温かい飲み物や軽いマッサージで体を温め、眠りやすい状態に持って行くことが大事です。

ページの先頭へ

ほうれい線解消クリニックQ&A

「クリニックの比較法」や「ほうれい線を消す施術の価格」、「傷跡が残りはしないか」という点について、回答していきます。

おすすめ美容外科クリニック

「レーザー」、「糸」、「注射」などを用いた”ほうれい線”を消す治療を取り入れている優良美容外科を5院、ご紹介します。

ほうれい線解消体験談

老けてみられる大きな原因であるほうれい線。実際に治療を受けた人の体験談を参考に自分に適した治療方法を見つけましょう。

詳しくはこちら

自分でできる!ほうれい線改善方法

すぐにでも解消しようとクリニックに行く人もいますが、その前にまずは自宅で出来ることから始めてみましょう。