原因をつきとめろ! 大敵!老けてみえるほうれい線

肌の悩み「ほうれい線」で老け顔に見られてしまう!

「ほうれい線」とは、鼻下から口の端周辺まで伸びる線のことで、主に「老化が原因」といわれています。老化すると顔の筋肉が十分に働かなくなり、「コラーゲン」や「エラスチン」といった肌の潤いに欠かせない成分が減少し、肌の脂肪を支えられなくなってしまいます。それにより皮膚がたるんでしまい、ほうれい線が出来てしまうわけです。老けて見られる「ほうれい線」を消すことの出来る改善法を実践し、若い頃のようなハリのある肌を目指しましょう。

どうしてほうれい線は老けてみえる?

肌に「ハリ」や「ツヤ」、「潤い」があることで、赤ちゃん肌のようなモチッとした感触になり、若々しい印象を与えることが出来ます。しかし、加齢などが原因で肌の弾力が失われてしまうと、皮膚が垂れ下がり、肌にしわが現れてしまいます。そうなると、おばあちゃんのような顔に見え、特に頬のしわ「ほうれい線」のラインがくっきりとしていると、老け顔に見られやすいです。

ほうれい線は、ラインがくっきりするにつれて、治りづらくなります。ですから、ほうれい線を消すためには、早めの対策が必要です。少しでもほうれい線が現れてきたら、肌を引き締めるのに最適な「マッサージ」を行ったり、スキンケアに気を配ったりすることで消すことが出来ます。

ほうれい線ができてしまう原因

ほうれい線は、実をいうと若い人にもあるものです。ただ、若い人の肌は、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などの潤い成分が多いため、肌が引き締まっています。そのため、ほうれい線があってもあまり目立ちません。しかし、年齢が上がるにつれ、潤い成分はどんどんなくなっていき、さらには表情筋も弱っていくため、脂肪が下に垂れ下がり、ほうれい線がくっきりと現れてきます。

また、年齢のせいだけではなく、「紫外線」もほうれい線を作ってしまう原因です。紫外線を浴びることで、肌の潤い成分にダメージを与えてしまうので、本来よりも減ってしまいます。それにより、肌の老化が早まってしまい、年齢よりも老けた顔が誕生してしまうのです。

こんな行動してませんか?

ほうれい線が目立ち、消すことを考えていても、NG行動を続けていると消すことは出来ません。「紫外線対策をしていない」「保湿をしていない」「睡眠を十分に取っていない」など、これらに心当たりのある人はいませんか?こういった行動を続けていると、ほうれい線を消すどころか、さらにほうれい線を濃くし、自分で治せなくなります。

また、ストレスを溜めこむことも良くありません。ストレスの影響で、ホルモンバランスが乱れてしまい、「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」などが減少します。NG行動をやっている人は、すぐに止めましょう。正してもほうれい線を消すことが出来ない場合は、クリニックで施術を受けることで、消すことが出来ます。

美容まめ知識

アイテム不要!ほうれい線を消す方法を紹介します。

自宅で簡単に出来る「ほうれい線を消す方法」として、「ベロ回し」というものがあります。これは、ベロを出し、右回し20回、左回し20回を行うだけです。無理のない程度で、1日数回行います。これにより顔の筋肉を鍛えることができ、ほうれい線を消す効果が期待出来ます。ベロ回し体操は、ほうれい線を消すだけでなく、顔の脂肪を消す方法としても効果的です。

他にも、ほうれい線を消す効果的な方法には、「口元を動かす」というものがあります。「口を尖らせる」「口を膨らませる」という動作を繰り返し行うことで、表情筋を鍛え、ほうれい線を消すことが出来ます。これら2つのほうれい線を消す方法は、アイテムが必要ないので、暇なときにいつでも試せます。

ページの先頭へ

ほうれい線解消クリニックQ&A

「クリニックの比較法」や「ほうれい線を消す施術の価格」、「傷跡が残りはしないか」という点について、回答していきます。

おすすめ美容外科クリニック

「レーザー」、「糸」、「注射」などを用いた”ほうれい線”を消す治療を取り入れている優良美容外科を5院、ご紹介します。

ほうれい線解消体験談

老けてみられる大きな原因であるほうれい線。実際に治療を受けた人の体験談を参考に自分に適した治療方法を見つけましょう。

詳しくはこちら

自分でできる!ほうれい線改善方法

すぐにでも解消しようとクリニックに行く人もいますが、その前にまずは自宅で出来ることから始めてみましょう。