ほうれい線解消クリニックQ&A 跡が残らないか心配

ほうれい線を消す施術には、
傷跡の残らないものが多数あります!

ほうれい線を消す施術には、様々な種類がありますが、その中でも傷跡が残りづらいといわれる施術は「注入法」です。「ヒアルロン酸注入」や「脂肪注入」、「ボトックス注射」が当てはまります。また、「ビタミンC点滴」も、点滴するだけの施術なので、傷跡の心配は必要ありません。他にも、「フェザーリフト」や「ロイヤルリフト」などの糸を使う施術でも、皮膚を切開することがないため、傷跡はほとんど残ることがありません。

術後の症状は?

クリニックでほうれい線を消す施術を受けた後は、「痛み」や「腫れ」、「内出血」などの症状が現れますが、受ける施術によって現れる症状、続く期間が異なります。「ヒアルロン酸注入」や「ボトックス注射」、「高濃度ビタミンC点滴」などの「注入・点滴」は、施術直後に「痛み」や「多少の腫れ」はありますが、すぐに良くなります。レーザー施術や、糸を使った施術も、皮膚を切開しない施術なので、それほど長い期間症状が続くことはありません。

お家でできるお手入れはありますか?

ほうれい線を消す施術を受けた後は、「乾燥対策」や「紫外線対策」をしっかりと行うことが大切です。これらを怠ってしまうと、せっかくほうれい線を消す施術を受けても意味がなく、効果も持続しません。肌の乾燥対策として、洗顔後に「化粧水」や「乳液」、「美容液」を塗ることを徹底して行いましょう。紫外線対策としては、「紫外線の多い時間帯の外出は避ける」、「日焼け止めクリームを塗る」、「日傘を差す」などの方法があります。

アフターケアはありますか?

クリニックでほうれい線を消す施術「注入・注射」や「レーザー」などを受けた後、多少腫れなどの症状が発生しますが、すぐに治まるので特にアフターケアは必要ありません。もし術後の「腫れ」や「痛み」が気になるなら、クリニックで塗り薬などを処方してもらうことで、症状を消すことが出来ます。ほうれい線を消す施術を受けた後は、「乾燥対策」や「日焼け対策」を徹底するだけで十分です。切開手術の場合は、後日医師に状態を見せることもあります。

美容まめ知識

ほうれい線は、遺伝と関係しているの?

『親にほうれい線があるから、私もほうれい線が出来るかも・・・』と、心配している人はいませんか?ほうれい線は、「骨格や筋肉の付き方」で出来やすい人とそうでない人に分かれますが、それ以外にも「老化」や「生活習慣」によって異なるケースもあります。ですから、ほうれい線が出来るのは「遺伝のせい」だけではありません。

ただ、子供は親と同じような生活を送るため、姿勢が悪かったり、肌の保湿ケアを怠ったり、親と同じようなことを続けていると、ほうれい線が現れてきます。それを考えると、親にほうれい線がある人は、周りの人に比べてほうれい線が出来やすいということになるので、若い内から気をつけることが大切なのです。

ページの先頭へ

ほうれい線解消クリニックQ&A

「クリニックの比較法」や「ほうれい線を消す施術の価格」、「傷跡が残りはしないか」という点について、回答していきます。

おすすめ美容外科クリニック

「レーザー」、「糸」、「注射」などを用いた”ほうれい線”を消す治療を取り入れている優良美容外科を5院、ご紹介します。

ほうれい線解消体験談

老けてみられる大きな原因であるほうれい線。実際に治療を受けた人の体験談を参考に自分に適した治療方法を見つけましょう。

詳しくはこちら

自分でできる!ほうれい線改善方法

すぐにでも解消しようとクリニックに行く人もいますが、その前にまずは自宅で出来ることから始めてみましょう。