今日から実践しよう! 自分でできる! ほうれい線改善方法

ほうれい線が気になる人は、
自分で消す方法を試してみよう

ほうれい線があることにより、実際の年よりも老けて見られます。そのため、女性にとっては、厄介な存在のひとつだということは間違いないでしょう。これを消す方法として、自宅で出来るものがあります。薄さや量にもよりますが、「表情筋を鍛える」「保湿をする」など実践することで、効果的に消すことが出来るといえます。すぐにでも解消しようとクリニックに行く人もいますが、その前にまずは自宅で出来ることから始めてみましょう。

表情筋を鍛える

「ほうれい線」は、実年齢よりも「老い」を感じさせます。消すといっても汚れを擦るように、擦ってみても落ちません。

詳しくはこちら

とにかく保湿する

肌のケアをしていても、一定の年齢になると出てくるほうれい線。美容外科に行き、施術を行うことで消すことも出来ます。

詳しくはこちら

プラセンタを使う

美肌効果を得ることが出来たり、ホルモンの状態を整えてくれたりと、健康状態も良くしてくれるプラセンタ。

詳しくはこちら

美顔器を使う

『アンチエイジングをしたいけど…美容外科は抵抗がある』という人達の間で、美顔器が人気を集めています。

詳しくはこちら

美容まめ知識

乾燥肌の人がほうれい線を消すには、化粧水選びに気をつける

肌に潤いがある人は、ほうれい線が出来にくいのですが、乾燥肌の人は水分量が少なく、濃いほうれい線が発生します。また、一度出来ると消すのも難しいです。乾燥肌の人がほうれい線を消すには「乾燥肌に適した化粧水を選ぶ」ということが重要です。化粧水は、「コラーゲン」や「セラミド」といった、肌の潤いに必要な成分が配合されたものにしましょう。

化粧水には「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」などがありますが、乾燥肌なら潤いが続く「しっとりタイプ」が適しています。また、大人用の化粧水だけでなく「子供用」にも目を向けてみると良いでしょう。肌への刺激が少ないように作られているため、肌に優しく、ほうれい線を消すのに負担ががかかりません。

ページの先頭へ

ほうれい線解消クリニックQ&A

「クリニックの比較法」や「ほうれい線を消す施術の価格」、「傷跡が残りはしないか」という点について、回答していきます。

おすすめ美容外科クリニック

「レーザー」、「糸」、「注射」などを用いた”ほうれい線”を消す治療を取り入れている優良美容外科を5院、ご紹介します。

ほうれい線解消体験談

老けてみられる大きな原因であるほうれい線。実際に治療を受けた人の体験談を参考に自分に適した治療方法を見つけましょう。

詳しくはこちら

自分でできる!ほうれい線改善方法

すぐにでも解消しようとクリニックに行く人もいますが、その前にまずは自宅で出来ることから始めてみましょう。