自分でできる!ほうれい線改善方法 表情筋を鍛える

表情筋を鍛えると
「ほうれい線が消える」ってホント?

口の両サイドに深く刻まれた「ほうれい線」は、実年齢よりも「老い」を感じさせます。消すといっても汚れを擦るように、ほうれい線を擦ってみても落ちません。「ほうれい線」の原因といわれているのは、表情が固まってしまい筋肉の稼働率が下がることです。美容外科ではほうれい線を消す施術が人気ですが、簡単なエクササイズでほうれい線を消すことが可能です。ほうれい線を消すエクササイズはメリットも多く、短時間で済むので空いた時間に行えます。

表情筋を鍛えるメリット

表情筋を鍛えると様々なメリットが期待出来ます。衰えてしまった筋肉でも、鍛え続けていると引き締まって小顔になります。人間の表情筋は30個ほどあるといわれていますが、全てが使われているわけではありません。全体の3割しか使用されていないことは、非常に勿体ないです。筋肉を鍛えると、「シワ」「たるみ」も消すことが出来ます。この2つは「老け顔」の原因にも繋がります。簡単なエクササイズでも続けていくと「ほうれい線」を少しずつ消せます。筋肉が柔らかく動くようになると、口角も上がってくるので自然と表情も豊かになります。エクササイズは短時間でも実施出来るので、就寝前や起床後、食事の前や後などに行なうと良いでしょう。

フェイスエクササイズをしてみよう!

エクササイズと聞くと、体を大きく動かすようなイメージを持っている人が多くいます。「ほうれい線を消すエクササイズ」は、体を大きく動かすのではなく、顔の筋肉が主体です。口元に出来てしまった「ほうれい線」は、放っておくと深く刻まれて消すことが難しくなります。消すためのエクササイズは、とても簡単です。口の周りや頬の筋肉を意識し、閉じた状態から口を大きく開けます。上唇を伸ばしながら、同時にほうれい線を伸ばすようにイメージすることをくり返します。エクササイズの締めとして、顔全体の筋肉を上方向に寄せることも良い刺激になります。1セット2分ほどなので、毎日続けても苦しいことはありません。少しずつほうれい線が消えていきます。

専用グッズをうまく取り入れてみる!

2リットルサイズのペットボトルを使えば、簡単な方法でほうれい線を消すことが出来ます。上手く体重を乗せられる程度に肩幅を開き、息をゆっくり吐きます。ペットボトルを口に加えて、ペットボトルの形状が変わるように中の空気を吸い込んだり、吐いたりします。ゆっくり空気を吸い込み、吐き出すことで筋肉が刺激されます。一連の流れを3回くり返す、これを習慣化することが目標です。口の周りはもちろん、頬の筋肉を動かすことも大切です。

美容まめ知識

ペットボトルで口元の「ほうれい線」を消す

上記で紹介したように、ペッドボトルを使って行なう「ほうれい線を消すエクササイズはお手軽で誰にでも出来る方法です。2リットルペットボトルは大きさがあるため、最初は500ミリペットボトルでも問題はありません。唇や周りの筋肉が付いている人ほど、ペットボトルが重くても支えることが出来ます。反対に唇の力が弱ければ弱いほど、10秒でも耐えられない場合が考えられます。最初は無理をせず、小さなサイズで少ない水の量を入れて挑戦していくことが大切です。エクササイズが終わったあとは唇が痺れていますが、筋肉痛と同じ感覚なのでしばらくすると収まります。自宅で出来るエクササイズなので、空いた時間に行うようにすると良いでしょう。

ページの先頭へ

ほうれい線解消クリニックQ&A

「クリニックの比較法」や「ほうれい線を消す施術の価格」、「傷跡が残りはしないか」という点について、回答していきます。

おすすめ美容外科クリニック

「レーザー」、「糸」、「注射」などを用いた”ほうれい線”を消す治療を取り入れている優良美容外科を5院、ご紹介します。

ほうれい線解消体験談

老けてみられる大きな原因であるほうれい線。実際に治療を受けた人の体験談を参考に自分に適した治療方法を見つけましょう。

詳しくはこちら

自分でできる!ほうれい線改善方法

すぐにでも解消しようとクリニックに行く人もいますが、その前にまずは自宅で出来ることから始めてみましょう。