自分でできる!ほうれい線改善方法 とにかく保湿する

ほうれい線を消すのであれば、保湿をするのが大事

肌のケアをしていても、一定の年齢になると出てくるほうれい線。美容外科に行き、施術を行うことで消すことも出来ます。しかし、実は家でも保湿をすることで、ほうれい線を消すことができます。しかし、保湿をするといっても「どのようにすればいいのか分からない」という人が多いでしょう。ここでは、ほうれい線を消すためにどのように保湿ケアをすればいいか、ということを始め、保湿をする大切さや保湿による効果について説明していきます。

保湿の大切さ

「保湿なんてしなくてもいいのでは?」と、肌のケアをすることが面倒だと感じる人は、そう思うでしょう。しかし、保湿をしないでいると肌に含まれている水分が逃げてしまい、カサカサの肌になってしまうだけではなく、ほうれい線が目立ってしまい、余計老けて見られてしまいます。また、乾燥している状態というのは肌のバリアが弱っている状態です。そのため、外からの影響を受けやすくなっているので、ニキビなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。このように、乾燥しているとほうれい線が目立ってしまうだけではなく、肌のトラブルまで引き起こしてしまいます。ほうれい線もなく美しい肌を保ちたいなら、保湿をするのは大事、ということです。

保湿による効果

肌を保湿することで、乱れてしまった角質層を整えることができます。角質層の働きが整うことで、肌の中にある潤いを逃がすことがないだけではなく、菌などの外からのダメージを受けないよう守ってくれます。そのため、赤ちゃんのようなふっくらとした肌を手に入れることができます。それと同時に、ニキビなどの肌トラブルも起こりにくくなるので、美しい肌を保てます。また、角質層が整えられたことにより代謝も良くなるため、新しい肌がどんどん作られていきます。そうすると、肌のハリも徐々に戻ってくるため、たるみがなくなります。そのため、たるみによるほうれい線を消すことが出来るだけではなく、予防することにも繋がるのです。

今すぐできる保湿ケア

ほうれい線が出来てしまった際、どのように保湿ケアをすれば消すことができるかというと、美容液や乳液などをちゃんと染み渡らせることです。美容液や乳液には肌に良い成分が多く含まれているため、ほうれい線に染み渡らせることで、少しずつほうれい線を消すことが出来ます。また、マッサージをしながら美容液や乳液をつけることで、顔の血流が良くなります。ほうれい線を消す効果がより高まるので、マッサージもするようにしましょう。

美容まめ知識

洗顔でほうれい線を予防、または消すことが出来る

外からの汚れや、メイクを落とすために行う洗顔。ちゃんと落とさなくては肌のトラブルの原因になるので、ゴシゴシ洗いをする人が多いでしょう。確かにちゃんと汚れは落ちそうですが、強く洗ってしまうと必要以上に皮脂を落としてしまうだけではなく、肌に大きなダメージを与えてしまいます。もし角質層にまでダメージがあると、肌のバリアが弱くなってしまい、ほうれい線が出来てしまう原因になります。肌についた汚れは、泡の力だけで十分に落とすことができます。そのため、洗顔をする時は専用のネットで十分に泡を立てて、撫でるように洗うと良いでしょう。そうすることで、ほうれい線を予防、または消すことができ、美肌を保つことが出来ます。

ページの先頭へ

ほうれい線解消クリニックQ&A

「クリニックの比較法」や「ほうれい線を消す施術の価格」、「傷跡が残りはしないか」という点について、回答していきます。

おすすめ美容外科クリニック

「レーザー」、「糸」、「注射」などを用いた”ほうれい線”を消す治療を取り入れている優良美容外科を5院、ご紹介します。

ほうれい線解消体験談

老けてみられる大きな原因であるほうれい線。実際に治療を受けた人の体験談を参考に自分に適した治療方法を見つけましょう。

詳しくはこちら

自分でできる!ほうれい線改善方法

すぐにでも解消しようとクリニックに行く人もいますが、その前にまずは自宅で出来ることから始めてみましょう。